三菱電機、チェコに電動車両用モーター・インバーターの新工場建設へ

MEAC新工場のイメージ
MEAC新工場のイメージ全 1 枚写真をすべて見る

三菱電機は3月6日、チェコの自動車機器製造・販売拠点であるMitsubishi Electric Automotive Czech s.r.o.(MEAC)に新工場を建設し、欧州での需要拡大が見込まれる電動車両用モーター・インバーターの生産体制を拡充すると発表した。

近年、地球環境保護の観点から、世界の自動車市場ではCO2の排出量削減に大きく貢献するプラグインハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)などの電動車両の普及が急加速している。三菱電機は今回、約12億円を投資し、MEAC敷地内に新工場を建設。48Vハイブリッド車用ISGシステム等の電動車両用モーター・インバーターの生産体制を強化する。稼働開始は2020年4月の予定。

同社は今後もパワーエレクトロニクスや車載制御、モーター巻き線の独自技術を強みとする製品を開発・生産し、自動車機器事業のさらなる拡大を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • SiC-MOSFET 1200V-Nシリーズ
  • 三菱電機 車載用TFT液晶モジュール(参考画像)
  • DIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ300PREMI-3
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ