スマホがクルマの鍵になる、スマートバリューが『バーチャルキー』開発に参加

バーチャルキー概要
バーチャルキー概要全 4 枚写真をすべて見る

「iid 5G Mobility」でモビリティ革命への貢献をめざすイードと、デバイス開発と認証技術に強みを持つジゴワッツは13日より、自動車向けスマートロックシステム「バーチャルキー」のアーリーアクセス開発パートナーの募集を開始した。

アーリーアクセス開発プログラムのパートナー第一号として、モビリティIoTを掲げるスマートバリューが同日、参加を表明した。スマートバリューでは、車のサービス化を推進するためのプラットフォーム「Kuruma Base( クルマベース )」への採用を検討しているという。

バーチャルキーは、クルマのスマートキーの機能をスマートフォンに置き換える、すなわち「スマホがクルマの鍵になる」スマートロックシステムだ。イードは、同日から東京ビッグサイトで開催の「第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019」=IAAE 2019に出展し、バーチャルキーについてセミナーやデモンストレーションを行なっている。

バーチャルキーは、ジゴワッツの「key.bo/t」認証テクノロジーを利用した認証サーバとスマートフォンアプリ、Bluetooth LE通信器を内蔵したバーチャルキー専用車載器によって構成される。たとえば、カーシェアリングサービス事業者のアプリにバーチャルキー機能を組み合わせることも可能になる。

アーリーアクセスプログラムは、カーシェアリングサービスやレンタカーサービスの事業者やシステム提供者を対象にする。バーチャルキーと車両の貸出し管理システムとの連携を重視し、サーバ間のAPI連携により、既存のレンタルシステムにスマートロック機能を提供できる。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • MaaSアワード2020、大賞のダイハツ工業
  • 国際オートアフターマーケットEXPO
  • KeePer技研(IAAE 2019)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ