スマホがクルマの鍵になる、スマートバリューが『バーチャルキー』開発に参加

バーチャルキー概要
バーチャルキー概要全 4 枚写真をすべて見る

「iid 5G Mobility」でモビリティ革命への貢献をめざすイードと、デバイス開発と認証技術に強みを持つジゴワッツは13日より、自動車向けスマートロックシステム「バーチャルキー」のアーリーアクセス開発パートナーの募集を開始した。

アーリーアクセス開発プログラムのパートナー第一号として、モビリティIoTを掲げるスマートバリューが同日、参加を表明した。スマートバリューでは、車のサービス化を推進するためのプラットフォーム「Kuruma Base( クルマベース )」への採用を検討しているという。

バーチャルキーは、クルマのスマートキーの機能をスマートフォンに置き換える、すなわち「スマホがクルマの鍵になる」スマートロックシステムだ。イードは、同日から東京ビッグサイトで開催の「第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019」=IAAE 2019に出展し、バーチャルキーについてセミナーやデモンストレーションを行なっている。

バーチャルキーは、ジゴワッツの「key.bo/t」認証テクノロジーを利用した認証サーバとスマートフォンアプリ、Bluetooth LE通信器を内蔵したバーチャルキー専用車載器によって構成される。たとえば、カーシェアリングサービス事業者のアプリにバーチャルキー機能を組み合わせることも可能になる。

アーリーアクセスプログラムは、カーシェアリングサービスやレンタカーサービスの事業者やシステム提供者を対象にする。バーチャルキーと車両の貸出し管理システムとの連携を重視し、サーバ間のAPI連携により、既存のレンタルシステムにスマートロック機能を提供できる。

《高木啓》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 愛車のブレーキパーツ確保に困っていませんか?  旧車オーナーの救世主「ディクセル」
  • ソフト99オートサービス(IAAE 2019)
  • ジゴワッツが開発した「バーチャルキー」。スマートフォン上でスマートキーとして使えるようになる
  • PIAA(IAAE 2019)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/13/320075.html/article/2019/03/13/320074.html/article/2019/03/13/320076.html