クボタ、北米の大型トラクタ事業を加速…現地メーカーとカスタムOEMで合意

Buhler社(Webサイト)
Buhler社(Webサイト)全 1 枚写真をすべて見る

クボタは3月15日、同社最大トラクタの170馬力に続き、さらに高馬力帯のトラクタをラインアップに追加し、北米の大型トラクタ市場での事業展開を加速すると発表した。

今回、開発期間の短縮と現地仕様への最適化のため、北米で大型トラクタの設計・製造・販売に実績のあるカナダのBuhler社に新型トラクタの開発および生産を委託する。

これまでクボタが培ってきた操作性等のノウハウやデザインなどの特長も反映させ、同社専用にカスタマイズした大型トラクタを2019年後半から米国とカナダに順次投入し、北米の大型トラクタ市場を開拓していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 農業にこそ自動運転を!  未来を切り拓く、クボタの試み
  • クボタ 乗用形田植機 ナビウェルNW8S
  • クボタ(ロゴ)
  • クボタ 高馬力帯トラクタ「M8シリーズ」
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ EV 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ