ポルシェ、ミッションEクロスツーリスモ の2020年の市販化を決定… タイカン 派生EV

ポルシェ・ミッションE クロスツーリスモ
ポルシェ・ミッションE クロスツーリスモ全 12 枚写真をすべて見る

ポルシェは3月15日、ドイツで開催した年次記者会見において、EVコンセプトカーの『ミッションEクロスツーリスモ』(Porsche Mission E Cross Turismo)の市販モデルを、2020年に発表することを公表した。

ミッションEクロスツーリスモは2018年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2018で初公開された。2019年内にポルシェが発売予定の4ドアEVスポーツカー、『タイカン』の派生モデルを提案した1台で、オフロード仕様のSUVのスタディモデルだった。

ミッションEクロスツーリスモには、2つのパーマネントマネージメントシステムモーター(PSM)を搭載。最大出力600ps以上を発生する。モーターのパワーが4輪を駆動する4WD。0~100km/h加速は3.5秒以内、200km/hに到達するまでには要する時間は12秒以内の性能を発揮する。800Vの急速充電に対応しており、スピーディな充電を可能にしている。

ポルシェは今回、このミッションEクロスツーリスモの2020年の市販化を決定した。ポルシェにとって、タイカンに続く市販EVとなり、タイカンと同じく、ドイツ・ツッフェンハウゼンのポルシェ本社工場で生産される予定だ。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/18/320265.html/article/2019/03/18/320264.html/article/2019/03/18/320266.html