三陸鉄道がリアス線開業を記念した入場券セットを発売…盛-久慈間全線通しのフリー切符も登場 3月23日

開業まであと5日に迫ったリアス線をPRする特設サイト。
開業まであと5日に迫ったリアス線をPRする特設サイト。全 1 枚写真をすべて見る

岩手県の三陸鉄道は、盛~釜石~宮古~久慈間163kmのリアス線が開業する3月23日の10時から開業記念切符を発売。合わせて企画乗車券の見直しを行なう。

記念切符は、三陸鉄道へ移管される釜石~宮古間の全駅と、北リアス線・南リアス線の主要駅のA・B型の硬券入場券23枚が台紙付きでセットになったもの。1000セットが発売され、発売額は平成最後の年にちなんだ3100円。発売箇所は盛・釜石・宮古・久慈の各駅で、No.300までは釜石駅で発売する。

また、企画乗車券については、土休日を出発日として、リアス線が2日間乗り降り自由となる「リアス線全線フリー乗車券」を6000円で発売。

3区間に限定した土休日に利用できる「1日フリー乗車券」も発売され、発売額は盛~釜石間用が1500円、釜石~宮古間用が2300円、宮古~久慈間用が2500円。

なお、これまで発売してきた「片道途中下車きっぷ」が一部見直され、盛~釜石間の南リアス線用が3月23日利用分を最後に廃止。3月31日限りで「コロプラフリー乗車券」も廃止となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現在、4系統が集中する広島駅停留場へのルート。車の通行や信号待ちなどで停留場への進入に時間を要している状況。
  • とさでん交通(資料画像)
  • 被災した北陸新幹線(10月14日、長野県)
  • 復旧作業現場の様子。
  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/18/320284.html/article/2019/03/18/320283.html/article/2019/03/18/320285.html