三陸鉄道がリアス線開業を記念した入場券セットを発売…盛-久慈間全線通しのフリー切符も登場 3月23日

開業まであと5日に迫ったリアス線をPRする特設サイト。
開業まであと5日に迫ったリアス線をPRする特設サイト。全 1 枚写真をすべて見る

岩手県の三陸鉄道は、盛~釜石~宮古~久慈間163kmのリアス線が開業する3月23日の10時から開業記念切符を発売。合わせて企画乗車券の見直しを行なう。

記念切符は、三陸鉄道へ移管される釜石~宮古間の全駅と、北リアス線・南リアス線の主要駅のA・B型の硬券入場券23枚が台紙付きでセットになったもの。1000セットが発売され、発売額は平成最後の年にちなんだ3100円。発売箇所は盛・釜石・宮古・久慈の各駅で、No.300までは釜石駅で発売する。

また、企画乗車券については、土休日を出発日として、リアス線が2日間乗り降り自由となる「リアス線全線フリー乗車券」を6000円で発売。

3区間に限定した土休日に利用できる「1日フリー乗車券」も発売され、発売額は盛~釜石間用が1500円、釜石~宮古間用が2300円、宮古~久慈間用が2500円。

なお、これまで発売してきた「片道途中下車きっぷ」が一部見直され、盛~釜石間の南リアス線用が3月23日利用分を最後に廃止。3月31日限りで「コロプラフリー乗車券」も廃止となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。

ピックアップ

Response.TV