加工食品物流での労働時間改善を検討、大型連休対策も

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、加工食品物流の生産性向上、労働時間改善のための方策を検討する。加工食品物流に関する「ホワイト物流」推進運動の進め方について検討するとともに、今後の大型連休や大規模イベントの際の物流に関しても検討する。

国土交通省では、トラックドライバーの長時間労働改善を図るとともに、物流の生産性向上を図るため、個々の輸送品目ごとにトラック運送事業者、発着荷主の関係者が連携してサプライチェーン全体での取り組みを検討している。

今回、「第3回加工食品物流における生産性向上及びトラックドライバーの労働時間改善に関する懇談会」を3月25日に開催し、関係者における最近の取り組み状況や「ホワイト物流」推進運動の加工食品分野における進め方について議論する。

また、大型連休、大規模イベントの際の物流に関して関係者が意見交換する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ