ルノー クリオ 新型に「R.S.ライン」、スポーティ仕様…ジュネーブモーターショー2019

ルノー・クリオ 新型(ジュネーブモーターショー2019)
ルノー・クリオ 新型(ジュネーブモーターショー2019)全 10 枚写真をすべて見る

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)に「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表した。

クリオは1990年の初代発売以来、全世界で累計約1500万台を販売しており、ルノーグループの最量販モデルだ。また2013年以来、欧州Bセグメントの販売トップに立っており、ルノーは新型でも欧州Bセグの首位を維持することを目指す。新型はおよそ6年半ぶりのモデルチェンジを受けて、5世代目モデルとしてデビューした。

ルノーはこの新型クリオに、「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定する。F1のイメージを反映させたスポーティ仕様だ。エクステリアは、F1タイプのブレードをはじめ、専用のハニカムグリル、特別な17インチアルミホイールを装備した。

インテリアも、ルノースポールならではの演出を施す。ホールド性を追求したスポーツシート、カーボンスタイルトリム、レザーステアリングホイール、アルミペダルセット、赤いステッチなどが採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/26/320533.html/article/2019/03/25/320532.html/article/2019/03/26/320534.html