ダイハツが「軽自動車の進化」を展示、ミゼット から ハイゼット まで

ダイハツ・ミゼット(MPA型)
ダイハツ・ミゼット(MPA型)全 3 枚写真をすべて見る

ダイハツ工業は、同社の東京支社ショールームにて「軽自動車の進化」をテーマにした車両展示をスタートした。

展示車両は、1957年に発売したダイハツ初の軽自動車で1960年代に軽三輪ブームを巻き起こした『ミゼット』と、現代の軽商用車『ハイゼットトラック』のカスタムモデル。

ミゼットは、海外に輸出されて世界中の多くの人々から愛されたMPA型と併せて、誕生から海外での活躍についての紹介パネルも展示する。

ハイゼットトラックは、ステレオカメラ方式の衝突回避支援システム「スマートアシストIII t」を搭載した現行モデルをベースに、「毎日を、おしゃれに、楽しく、にぎわうワークトラック」をコンセプトにカスタマイズした東京オートサロン2019出展車両を展示する。

同ショールームの場所は、東京都中央区日本橋。開館時間は平日の9時から18時まで。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ タフト
  • パイオニアのディスプレイオーディオを装着したダイハツ・タフト
  • 7月6日、熊本県球磨郡
  • ダイハツ・タフト新型
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ

ピックアップ