【日産 デイズ 新型】プロパイロットやSOSコールを軽自動車初採用

日産デイズ発表会
日産デイズ発表会全 25 枚写真をすべて見る

日産自動車は、軽乗用車『デイズ』をフルモデルチェンジし、3月28日より販売を開始する。

発売6年目にして初のフルモデルチェンジとなる新型デイズは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。運転支援技術「プロパイロット」を軽自動車に初搭載した。高速道路での渋滞走行や長時間の巡航走行にて、アクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマ側で支援することで、ドライバーの負担を軽減する。

また、先進事故自動通報システム「SOSコール(ヘルプネット)」を軽自動車として初設定。緊急時や事故の危険がある時などに、専門のオペレーターへのデータ通信と音声通話を行うことができる。そのほか、「LDW(車線逸脱警報)」と「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」、「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」を日産の軽自動車に初搭載するなど、先進安全技術を充実させた。

新型デイズでは、新開発プラットフォームの採用により、軽自動車という限られたサイズのなかで「広いキャビンスペース」と「広いラゲッジスペース」を両立。 前席は大人が2人並んで座っても快適に過ごせる広い空間を実現し、後席は大人が脚を組んでもゆったりくつろげるようニールームの長さを710mm確保。荷室は、後席を下げた状態でも385mmの荷室長を確した。

ラインアップは、ダイナミックでスタイリッシュなスポーティモデル「ハイウェイスター」と、親しみやすさと信頼感のあるスタンダードモデル「標準車」を設定。ハイウェイスターには、マルチレフタイプLEDを2段配列したヘッドランプやクリスタルカットグリル&3Dメッシュグリルを採用するなど、先進性と質感を向上させた。

パワートレインは、新開発エンジン、新開発CVTに加え、スマートシンプルハイブリッドを採用し、力強い走りを実現するとともに燃費も向上。ハイウェイスターに搭載したスマートシンプルハイブリッドは、モーターを小型化しながらも、新採用のリチウムイオンバッテリーと組み合わせることで、出力を同等としながらも回生量は約2倍となり、ブレーキで失われていたエネルギーを無駄なく再利用できる。新開発CVTは、低フリクションベルトなどの燃費向上技術や、エンジン音を大幅に低減するエンジン締結剛性を向上させる静粛性向上技術を採用したほか、伸びのある加速感を感じられるDステップを軽自動車として初採用した。

ボディカラーは2トーン4種類、モノトーン13種類の全17種類のバリエーションを用意。価格は127万3320円から177万8760円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/28/320679.html/article/2019/03/28/320678.html/article/2019/03/28/320680.html