マルチスズキ、新開発クリーンディーゼル発表…燃費26.82km/リットルはクラス最高

マルチスズキの新開発クリーンディーゼルエンジン
マルチスズキの新開発クリーンディーゼルエンジン全 3 枚写真をすべて見る

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は3月28日、新開発のクリーンディーゼルエンジンを発表した。

この新開発ディーゼルエンジンは、排気量1.5リットルの「DDiS 225」ユニットだ。最大出力は95hp/4000rpm、最大トルクは22.9kgm/1500~2500rpmを発生する。高効率のターボチャージャーを採用し、低回転域から力強いトルクを引き出す。

このエンジンには、最適化された圧縮比と、デュアルマスフライホイールを採用する。マルチスズキによると、これによりエンジンの振動を低減し、優れたNVH性能を発揮するという。

また、軽量なアルミ鋳造シリンダーヘッドとブロックを導入した。エンジンコンピュータによる燃料噴射の最適化などの効果もあり、燃費は26.82km/リットルを達成する。

マルチスズキは、この新開発ディーゼルエンジンを、まずは上級セダンの『シアズ』に搭載する。マルチスズキは、クラス最高の燃費を実現した、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ(東京モーターショー2019)
  • スズキ KUPO(プッシュモード)
  • マルチスズキのCSR(企業の社会的責任)活動のイメージ
  • 英国『フリート・ワールド』誌主催の燃費チャレンジに参加したスズキ・スイフト
  • メルセデスベンツ Eクラスオールテレーン 改良新型(スクープ写真)
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/03/29/320733.html/article/2019/03/29/320732.html/article/2019/03/29/320734.html