テスラ初の電動トラック『セミ』、テスラのEVの輸送を開始

テスラのEVの輸送を開始した同社初の電動トラックのセミ
テスラのEVの輸送を開始した同社初の電動トラックのセミ全 9 枚写真をすべて見る

テスラのイーロン・マスクCEOは、同社初の電動トラックの『セミ』が、テスラのEVの輸送を開始したと、自身のTwitterを通じて発表した。

セミはトレーラーの牽引に用いられるトレーラーヘッドのEVだ。電動パワートレインには、テスラのEVセダン、『モデル3』用がベースのモーターを4個、リアアクスルに独立して搭載する。0~96km/h加速は5秒と、同クラスのディーゼルトラックの15秒に対して、大幅な性能向上を可能にしている。

1回の充電での航続は、およそ483~805km。新開発の急速チャージャーを利用すれば、およそ640km走行分のバッテリー容量を30分で充電できる。

テスラの電気トラック、セミセミの予定車両価格は、ベースモデルの航続およそ483km仕様が15万ドル(約1670万円)、航続およそ805km仕様が18万ドル(約2000万円)。導入記念車は20万ドル(約2225万円)。生産開始は2019年内を予定している。

このセミが今回、テスラのEVの輸送を開始した。マスクCEOは、その画像を公開。セミが牽引するトレーラーの荷台部分には、4台のモデル3が積載されているのが見て取れる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/02/320840.html/article/2019/04/02/320839.html/article/2019/04/02/320841.html