輸入小型二輪は3年連続の販売減、ハーレー不振など影響 2018年度

ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト・スペシャル
ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト・スペシャル全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車輸入組合(JAIA)は4月4日、2018年度(2018年4月~2019年3月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年度比2.9%減の2万0594台で、3年連続のマイナスとなった。

ブランド別では、ハーレーダビッドソンが同9.5%減の8790台で3年連続のマイナス。シェアも同3.1ポイントダウンの42.7%まで落ち込んだ。

2位のBMWは同3.4%減の5107台で2年ぶりのマイナス。シェアは同0.1ポイントダウンの24.8%となった。3位ドゥカティは同4.1%増の1575台で3年ぶりのプラス。4位トライアンフは同3.7%減の1789台で3年ぶりのマイナスだった。

以下、5位KTMは同11.3%増の1513台、6位ハスクバーナが311台、7位MVアグスタは同7.0%減の266台、8位モトグッツィは同9.3%減の235台、9位BRPは同16.3%減の205台だった。

BMW F850GSBMW F850GS

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  2. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  3. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  4. スズキ ジムニー&ジムニーシエラ 一部仕様変更…オートライトシステム標準化など
  5. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  6. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  7. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  8. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  9. ジープ初のピックアップトラック『グラディエーター』日本導入決定
  10. 【BMW アルピナ B3 新型試乗】遊びよりも安定性を最優先した走り…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る