輸入小型二輪は3年連続の販売減、ハーレー不振など影響 2018年度

ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト・スペシャル
ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト・スペシャル全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車輸入組合(JAIA)は4月4日、2018年度(2018年4月~2019年3月)の輸入小型二輪車新規登録台数を発表。前年度比2.9%減の2万0594台で、3年連続のマイナスとなった。

ブランド別では、ハーレーダビッドソンが同9.5%減の8790台で3年連続のマイナス。シェアも同3.1ポイントダウンの42.7%まで落ち込んだ。

2位のBMWは同3.4%減の5107台で2年ぶりのマイナス。シェアは同0.1ポイントダウンの24.8%となった。3位ドゥカティは同4.1%増の1575台で3年ぶりのプラス。4位トライアンフは同3.7%減の1789台で3年ぶりのマイナスだった。

以下、5位KTMは同11.3%増の1513台、6位ハスクバーナが311台、7位MVアグスタは同7.0%減の266台、8位モトグッツィは同9.3%減の235台、9位BRPは同16.3%減の205台だった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • MotoGP 日本GP 決勝レース
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • カンナム ライカー
  • MotoGP 日本GP リキモリブース
  • MotoGP 日本GP トライアンフブース
  • MotoGP 日本GP ピアッジオブース
  • MotoGP 日本GP ケンウッドブース
  • XEAM N-GT

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/04/320971.html/article/2019/04/04/320970.html/article/2019/04/04/320972.html