いすゞ製ディーゼルに「スーパーターボ」、研究データを発表へ…SAE世界自動車会議

米スーパーターボ・テクノロジー社の「スーパーターボ」
米スーパーターボ・テクノロジー社の「スーパーターボ」全 2 枚写真をすべて見る

いすゞ自動車(Isuzu)とスーパーターボ・テクノロジー社は4月3日、米国デトロイトで4月9日に開幕する「SAE世界自動車会議」において、いすゞのディーゼルエンジンに「スーパーターボ」を組み合わせた場合の研究データを初公開すると発表した。

スーパーターボ・テクノロジー社は、米国コロラド州に本社を置く。同社が開発したターボが、スーパーターボだ。スーパーターボは、エンジンへの過給圧と空気循環を制御することができる機械駆動型のターボチャージャー。全ての動作ポイントにおいて、性能と排出ガスの両方の最適化が可能になるという。

また、スーパーターボには、プログラム可能なタービンバイパスが装備されている。これにより、運転のしやすさを維持しつつ、低温始動の間の有害な窒素酸化物の排出を最小限に抑えることを可能にする。その他、トランジェントサイクル効率、エンジン小型化、ダウンスピーディング、エンジン制動の向上などの面において、効果を発揮するという。

4月9日に開幕するSAE世界自動車会議において、いすゞのディーゼルエンジンにスーパーターボを組み合わせた場合の研究データを初公開する。

この研究データは、いすゞ製の7.8リットルディーゼルエンジンの定常状態効率の向上に焦点を合わせた長年のシミュレーションと、エンジン検査に関するもの。公表されるデータには、定常性能の変更による排出ガスへの影響と可変容量ターボチャージャー、2ステージターボチャージャーとの比較が含まれる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 【MotorTrend】旧車芸人「千原ジュニアの名車再生!プロジェクト」をご紹介
  • 新型BT-50(ダブルキャブ、オーストラリア仕様)
  • マツダ BT50 現行型(参考画像)
  • いすゞ エルガ(左)とエルガミオ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ