中央新幹線の建設現場で土砂崩落…岐阜県中津川市内の中央アルプストンネル 4月8日発生

崩落が発生した現場。
崩落が発生した現場。全 2 枚写真をすべて見る

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)は4月8日、機構が建設を担当する中央新幹線中央アルプストンネル山口工区(岐阜県中津川市)で、「斜抗」と呼ばれる非常口トンネルの地上部が土砂崩落したことを明らかにした。

斜坑は、トンネル工事の作業のため地上部から本抗へ斜めに掘削した坑道のことで、4月4日に斜坑内で小崩落が発生したため、その復旧工事を行なっていたところ、4月8日7時頃、斜坑入口から200mほど東側の雑木林付近で、直径8m・深さ5m程度の崩落が確認されたという。現在は地上部、斜坑内ともに崩落は収まっているという。

山口工区は、鹿島・日本国土開発・吉川特定建設工事共同企業体が工事を受注していたが、作業員などに被災はなく、鉄道・運輸機構では「詳細を調査中であり、早急に原因を究明いたします」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • 6月14日から16日にかけて相次いで「道の駅あびらD51ステーション」に搬入され、載線した国鉄色のキハ183 214(左)とD51 320(右)。D51 320は背後にある「追分機関庫」と称した車庫に入る。
  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。
  • 東武鬼怒川線新高徳駅から急カーブ・急勾配を下っていく東武の100系「スペーシア」。
  • 釧網本線を走る普通列車。
  • 現在は、特急以外のすべての列車が停車する北広島駅。快速『エアポート』(右)はこの駅で普通列車(左)と連絡する。写真は北広島駅の下り(札幌方面)ホーム。2019年2月28日撮影。
  • 2016年11月に行なわれた銀座線渋谷駅の工事風景。この時は新駅舎を支える橋脚を建設する準備工事のため、両方面の線路を南側へ移設する線路切換工事が実施された。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/09/321163.html/article/2019/04/09/321162.html/article/2019/04/09/321164.html