ルノー日産の商用バン「マスター/NV400」次期型はマスクが激変?

ルノー マスター 次期型スクープ写真
ルノー マスター 次期型スクープ写真全 20 枚写真をすべて見る

ルノーのLCV(Light Comercial Vehicle)、『マスター』の次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えた。

マスターは1981年に初代が発売。1997年の2代目は『インタースター』として日産からも発売され、2010年の3代目では、『NV400』として日産版が登場している。今回捉えたプロトタイプはより背が高く、現行モデルのAピラーへ向かって釣り上がるヘッドライトを大刷新、サイドパネルへ伸びる水平デザインへ変更されている。

またグリルは正方形に近いデザインとなるほか、バンパーやボンネットフードも新デザインが取り入れられているようだ。テールライトは着手されておらず、今後変更が予想される。

マスター/NV400は、他の兄弟モデルに見られるようなデザインや仕様の差別化はほとんどないため、NV400新型もこれに近いフロントエンドが予想される。キャビン内は撮影できていないが、カバーがかけられていることから、レイアウトが刷新される可能性が高い。

パワートレインの詳しい情報は入手していないが、PHEVモデルの設定が噂されている。ワールドプレミアは9月が有力だ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

ピックアップ