『スターウォーズ』最新作のタイトル決定、特報にはレジェンドが次々登場

モータースポーツ/エンタメ 映画
『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 全 2 枚 拡大写真
映画『スター・ウォーズ』のシリーズ最新作にして最後のタイトルが『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』に決定。本作はじめての映像にあたる特報も公開された。

『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』というタイトルは、アメリカ・シカゴで開催中の『スター・ウォーズ』ファン最大のイベント「スター・ウォーズ・セレブレーション」にて発表されたもの。あわせてサプライズ上映された特報は2分6秒で、冒頭に映し出されるのは砂漠の中に立つレイの姿だ。


ルークの「我々は全てを伝えた。はるかな歴史が君の中に。だが、これは君の戦いだ」という言葉のあとに、ライトセーバーを手に取ったレイは、タイ・ファイターで迫り来るカイロ・レンと終焉に向かう戦いを始める。
続いて、チューバッカとともにミレニアム・ファルコンを操縦するランド・カルリジアンや、涙するレイと抱き合うレイア、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でレイアがハン・ソロとルークに渡したメダルなど、『スター・ウォーズ』のレジェンドたちが次々に登場していく。

そしてラストは、ルークの「我々は常に君と共に。誰ひとり消え去っていない」という言葉のあと、シスの暗黒卿ダース・シディアスことパルパティーン皇帝の不気味な笑い声で締めくくられる。はたして、スカイウォーカー家を中心とした壮大なサーガは一体どんな形で完結するのだろうか。

J.J.エイブラムス監督は、日本のファンに向けて「これは一つの映画でも、3本の映画でもなく、9本の映画の終わりです。40年間に渡って作られてきたストーリー、スカイウォーカー・サーガの終わりです。皆さんに是非映画館に観に行ってもらえるのを期待しています。(そして)皆さんが楽しんでくれることを期待しています。フォースと共にあらん事を」とコメントしている。

『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』は、12月20日より全国公開。

『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』
監督・脚本:J.J.エイブラムス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ」最新作、特報が初公開! 終焉の戦いに向けレジェンドが次々に登場

《仲瀬 コウタロウ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京2020大会マスコットロボット。左から「ミライトワ」「ソメイティ」。動くのは左の「ミライトワ」
  • マイカー賃貸カルモ、初のTVCM放映 ウェブ版では、つぶやきシローがあるあるネタ[動画]
  • プラレール博物館 ~昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史~
  • 東京2020オリンピック・パラリンピックで活用される専用EV「APM」
  • BMW 5シリーズセダン 改良新型(スクープ写真)
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/14/321368.html/article/2019/04/14/321367.html/article/2019/04/15/321369.html