豪華寝台列車『ななつ星』の通販サイトでクレカ情報などが流出…2013年のサイト開設時から

ななつ星 (AC)
ななつ星 (AC)全 2 枚写真をすべて見る

JR九州は4月12日、豪華寝台列車『ななつ星in九州』関連商品の通販サイト「ななつ星Gallery」で、クレジットカードなどの個人情報が流出していたことを明らかにした。

カード情報の登録がある会員2816人、カード情報のない会員最大3148人などを含む最大7996人分の情報が、サイトが開設された2013年10月5日から第三者の攻撃による不正アクセスにより流出していたとしており、基本的な会員情報のほかに、カード番号・有効期限・セキュリティコード・パスワードなども流出したという。

これを受けてJR九州では、決済代行会社からカード情報の流出懸念が伝えられた3月11日にサイトを閉鎖。第三者機関(P.C.F. FRONTEO株式会社)へ調査を、カード会社に対しては取引のモニタリング強化を依頼した。

また、情報が流出した可能性のある顧客に対しては、4月12日からメールまたは郵便でお詫びと経緯についての書面を送付。カードの再発行手数料が顧客の負担とならないよう、カード会社へ依頼した。

JR九州では「ななつ星Gallery」の再開は未定としており、「このたびの事態を厳粛に受け止め、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策および監視体制の強化を行い、今後二度と同様の事態を発生させることがないよう、再発防止策の構築並びにお客さま情報保護体制の一層の強化に取り組んでまいります」としている。

なお、『ななつ星in九州』の車内で利用したカードの情報はシステムが異なるため、流出などの事実は確認されていないという。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新宿駅西口地上バス乗り場。東西通路の予定地は、写真の右手、正面小田急デパートの右側、京王デパートの左側、オレンジ色の壁面のあたり。
  • 月形町コースでは、月形町内にある秘境駅の豊ヶ岡駅も訪ねる。
  • 羽越本線を走るE653系1000番台の特急『いなほ』。酒田~秋田間から運行を再開する。
  • 国からの支援は2020年度まで。それ以降の継続については地域の利用促進への取組みを考慮した上での法改正を待たねばならず、北海道としては少額ながら支援する方向へ舵を切ろうとしている。写真は維持困難線区のひとつに挙げられている留萌本線深川~留萌間の列車。
  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • 6月14日から16日にかけて相次いで「道の駅あびらD51ステーション」に搬入され、載線した国鉄色のキハ183 214(左)とD51 320(右)。D51 320は背後にある「追分機関庫」と称した車庫に入る。
  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/15/321397.html/article/2019/04/15/321396.html/article/2019/04/15/321398.html