アルファロメオ ジュリアとステルヴィオ、ブレーキ制御システムでリコール…ACCが解除されないおそれ

アルファロメオ・ステルヴィオ
アルファロメオ・ステルヴィオ全 3 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、アルファロメオ『ジュリア』と『ステルヴィオ』の制動装置(ブレーキ制御システム)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年8月10日~2019年3月20日に輸入された3274台。

ブレーキシステムモジュール(BSM)の制御プログラムが不適切なため、アダプティブクルーズコントロール(ACC)を使用した走行状態において、ブレーキペダルを踏んでも、ACCが解除されないことがある。そのため、意図しない加速が発生し、追突事故に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、ブレーキシステムモジュール(BSM)の制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報によりリコールを届け出た。

《丹羽圭@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • 改善箇所
  • 日産 e-NV200
  • 改善箇所
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/16/321440.html/article/2019/04/16/321439.html/article/2019/04/16/321441.html