鈴鹿サーキット、2019年 夏のお楽しみ情報…水着で楽しむアトラクションや花火大会など

毎夜3500発の花火が打ち上げられる「花火 ザ パフォーマンス」
毎夜3500発の花火が打ち上げられる「花火 ザ パフォーマンス」全 9 枚写真をすべて見る

鈴鹿サーキットは、2019年夏に行う新しいアトラクションや花火などのイベント情報を発表した。趣向をこらした流れるプールや、モータースポーツの醍醐味も融合した花火イベントなど、盛りだくさんの内容。

まずは6月29日(土)より、みんなの冒険プール「アクア・アドベンチャー」の営業を開始する。アクア・アドベンチャーは、川・滝・沢などの自然界の水の流れを遊びながら体験でき、子供の年齢や成長に合わせて楽しめる5つのプールがある。今年は、流れるプールに新しい仕掛けが登場し、襲いかかる水の中を子どもたちが勇気をもって冒険に挑戦するプール「アドベンチャーリバー」にリニューアルする。なお、これに先がけてGW中には、アクア・アドベンチャーの一部が無料で開放される。

また、ゆうえんち「モートピア」では、同日より水着で楽しめるイベント「スプラッシュ パーティ タイム!」が開催される。これは、空中ブランコ「パラセイラー」にて、コチラファミリーが水を運ぶウォーターデリバリーの配達員となり、観客に大量の水をお届けするショー。ゆうえんちで一番びしょぬれになれるイベントだ。

さらに、鈴鹿サーキット名物の観覧車「サーキットホイール」では、「水着でびしょぬれ JAPAAAN!」を開催。乗車前は、スタッフの「3、2、1、ジャパ~ン!」の合言葉で、水を被ってから乗車。ゴンドラは外側だけでなく、内側も水浸しになっているので、乗車してからも爽快感が続く。乗車後は、鈴鹿8時間耐久レースでおなじみの光景、「PITゾーン」のウォータープールにダイブしてクールダウンできる。サーキットホイールでのびしょぬれイベントは今年が初開催。

「花火 ザ パフォーマンス」の前半に行われる「コチラレーシングカップ」では、本物のJSB1000マシンがデモレースを繰り広げる「花火 ザ パフォーマンス」の前半に行われる「コチラレーシングカップ」では、本物のJSB1000マシンがデモレースを繰り広げる

ほかにも、ほとんどのアトラクションを水着のまま乗車可能とし、心ゆくまでプールとゆうえんちを満喫できる。水着のまま気軽にアトラクションやショップを楽しめるよう、Tシャツの無料貸し出しも行う。

そして、8月11日(日祝)から14日(水)は、「花火 ザ パフォーマンス」を開催。前半の「コチラレーシングカップ」では、鈴鹿8時間耐久ロードレースでも使用されるJSB1000クラスの8台のバイクが本番さながらのレースを繰り広げる。レース後は、色とりどりのLEDライトでデコレーションされたクルマやバイクが、ジャンプしたり白煙を上げたり、迫力のパフォーマンスを披露。後半は、各日約3500発の花火が音楽に合わせて打ちあがる「ミュージック花火」が開催される。今年は鈴鹿サーキットの人気者、コチラの生誕40周年を記念して、ナイアガラなどの特殊効果花火も披露される。

新しい仕掛けが登場した「アドベンチャーリバー」新しい仕掛けが登場した「アドベンチャーリバー」

チケットは各種あり、入園券が大人1700円、子ども(小学生)800円、幼児600円。モートピアパスポート(入園+のりもの乗り放題)が大人4300円、子ども3300円、幼児2100円。プール券(入園+プール入場)が大人3100円、子ども2000円、幼児1400円。サマーパスポート(入園+のりもの乗り放題+プール入場)が大人5500円、子ども4300円、幼児2800円。

《丹羽圭@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  2. ホンダ シビック 新型、高性能版「Si」のティザー…10月19日米国発表へ
  3. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  4. 巨大エキゾーストパイプの迫力!BMW『M2コンペティション』新型を初スクープ
  5. MINI クロスオーバー、内外装「ブラック」の特別仕様車発売
  6. 進む阪神・大阪梅田駅の改良工事…新1番線ホームが完成、ホーム拡幅への第1歩 10月30日
  7. 【ネクセンタイヤ WINGUARD ice2 試乗】タテとヨコのグリップバランスが良いスタッドレスタイヤ…橋本洋平PR
  8. ホンダ CT125・ハンターカブ、新色「パールオーガニックグリーン」追加へ
  9. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  10. ブガッティ『チェントディエチ』、気温45度での耐熱テスト完了…320km/hでの走行も
ランキングをもっと見る