ドライブレコーダー出荷台数、前年度比4割増の367万台 2018年度

ルームミラー型ドライブレコーダー「GoSafe M790S1」(参考画像)
ルームミラー型ドライブレコーダー「GoSafe M790S1」(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

電子情報技術産業協会とドライブレコーダー協議会は4月18日、2018年度(2018年4月~2019年3月)のドライブレコーダー出荷実績を発表した。

それによると2018年度は前年度比37.8%増の367万1669台と、前年度から約100万台増加した。

ドライブレコーダーは主に交通事故などの発生状況を記録するため、車両の周囲や挙動をカメラや各種センサで記録する車載装置。あおり運転が社会問題となっていることから、需要が急増している。

特に2019年1-3月の四半期は前年同期比12.8%増の108万1478台と、四半期ベースで初めて100万台を突破した。

統計はアイ・オー・データ機器、アルパイン、クラリオン、JVCケンウッド、デンソー、デンソーテン、パイオニア、パナソニック、三菱電機、矢崎エナジーシステム、ユピテル、TCL、コムテックのドライブレコーダー出荷台数をまとめた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カーメイト ブースイメージ
  • イクリプス AVN-D10
  • DRH-204VD フロントカメラ(シャトル装着イメージ)
  • 購入・設置に補助金も 「ドライブレコーダー」の種類・特徴、メリットを紹介
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/19/321565.html/article/2019/04/19/321564.html/article/2019/04/19/321566.html