カルマのPHV『レヴェーロGT』、535馬力モーターにBMW製3気筒エンジン採用…上海モーターショー2019

カルマオートモーティブの レヴェーロ GTの2020年モデル(上海モーターショー2019)
カルマオートモーティブの レヴェーロ GTの2020年モデル(上海モーターショー2019)全 8 枚写真をすべて見る

カルマオートモーティブは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、『レヴェーロGT』(Karma Automotive Revero GT)の2020年モデルを初公開した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『カルマ・レヴェーロ』を生産・販売している。

上海モーターショー2019で初公開されたレヴェーロの2020年モデルは、カルマ・レヴェーロに大幅改良を施したモデル。大幅改良を機に、車名をレヴェーロGTに変更した。

レヴェーロGTの2020年モデルのハイライトは、BMWから供給を受けるエンジンだ。BMWの3気筒ガソリンターボエンジンを、発電専用に使用する。

モーターは、最大出力535hp、最大トルク76kgmと強力だ。この効果で、0~96km/h加速は4.5秒と、従来モデルに対して1秒短縮した。また、バッテリーはリチウムイオンで、1回の充電での航続はおよそ130km。バッテリー残量が少なくなると、発電専用のBMW製エンジンが始動し、航続は最大およそ580kmまで伸びる。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV