日を跨いでも乗り降り自由…名古屋市営地下鉄の一日乗車券が「24時間券」に 5月27日

券売機以外で発売する24時間券の表面。使用開始後は裏面に有効日時が印字される。
券売機以外で発売する24時間券の表面。使用開始後は裏面に有効日時が印字される。全 2 枚写真をすべて見る

名古屋市営地下鉄を運営する名古屋市交通局は4月22日、「地下鉄全線24時間券」を5月27日から発売すると発表した。

「ドニチエコきっぷ」を含む現行の地下鉄一日乗車券に代わるもの。使用開始から24時間後まで乗り降り自由となるため、日を跨いで利用することも可能となる。

ただし、券売機で購入したものは、購入当日の終電までに使用を開始しない場合、翌日分は無効となる。駅や交通局サービスセンターなどで購入したものは、購入日以外の任意の日から有効とすることも可能。

発売額は現行の一日乗車券と同じく大人740円・子供370円。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • くろまつ
  • 大阪モノレール
  • 秩父鉄道パレオエクスプレス
  • 『まほろば』には、写真の『こうのとり』など、北近畿方面の特急に使われている287系を充当。先頭の3両付属編成で運行される。
  • 改装が進む『山明』の外装。
  • 伊豆急線と伊東線が接続する伊東駅。Phase2では以北の熱海までフリーエリアが広がる。
  • 鈴廣蒲鉾本店へ譲渡されたモハ107号。
  • 東京都交通局から譲渡された熊本電鉄の6000形電車。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/23/321694.html/article/2019/04/23/321693.html/article/2019/04/23/321695.html