カルマ、バタフライドアのEVロードスター提案…上海モーターショー2019

カルマオートモーティブのカルマ SC1 ビジョンコンセプト(上海モーターショー2019)
カルマオートモーティブのカルマ SC1 ビジョンコンセプト(上海モーターショー2019)全 15 枚写真をすべて見る

カルマオートモーティブは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、『カルマSC1ビジョンコンセプト』(Karma SC1 Vision Concept)を初公開した。

カルマオートモーティブは、プラグインハイブリッド(PHV)の4ドアスポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブの破産後の資産を買収する形で、2014年に米国カリフォルニア州に設立された。現在、カルマ後継車の『カルマ・レヴェーロ』を生産・販売している。

上海モーターショー2019でワールドプレミアされたカルマSC1ビジョンコンセプトは、カルマオートモーティブの将来の方向性を示したコンセプトカーだ。ゼロエミッションのEVロードスターを提案している。

低いシルエットのロードスターボディには、バタフライドアを採用。長いフロントノーズのデザインは、1935年の初飛行で平均速度566km/hという陸上機の世界速度記録を打ち立てたヒューズ社の航空機『H-1』がモチーフという。

また、カルマSC1ビジョンコンセプトには、最新のコネクティビティを導入。5Gによるコネクティビティが可能な新開発のインフォテインメントは、ドライバー正面と助手席前方に合計2個のモニターを配置する。音声だけでなく、目の動きでも操作できる通信システムも搭載している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ