マルチスズキの純利益2.9%減 新車販売は過去最高 2018年度通期決算

スズキ・セレリオ
スズキ・セレリオ全 6 枚写真をすべて見る

スズキのインド部門、マルチスズキ(Maruti Suzuki)は4月25日、2018年度通期(2018年4月~2019年3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は8302億6500万ルピー(約1兆3200億円)だった。前年度に対して6.3%増と、前年実績を上回る。

一方、2018年度の純利益は、750億0600万ルピー(約1193億円)にとどまった。前年同期に対して、2.9%の減益となっている。

マルチスズキの2018年度のインド新車販売は、輸出を含めた総販売台数が過去最高の186万2449台。前年比は4.7%増と、5年連続で前年実績を上回った。

マルチスズキは、為替相場の影響や販促費用の増加などが、2018年度の収益性を悪化させた要因、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マルチスズキのCSR(企業の社会的責任)活動のイメージ
  • 英国『フリート・ワールド』誌主催の燃費チャレンジに参加したスズキ・スイフト
  • マルチスズキがスタートアップ5社と提携
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真
  • ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ(参考画像)
  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/26/321820.html/article/2019/04/26/321819.html/article/2019/04/26/321821.html