ダイムラーの純利益7.8%減、2019年第1四半期決算

ダイムラーの主力車
ダイムラーの主力車全 2 枚写真をすべて見る

ダイムラー(Daimler)は4月26日、2019年第1四半期(1~3月)の決算を公表した。

同社の発表によると、メルセデスベンツなどグループ全体の売上高は、397億ユーロ(約4兆9365億円)。前年同期の398億ユーロに対して、0.3%減とマイナスに転じた。

一方、第1四半期の純利益は、20億9500万ユーロ(約2605億円)。前年同期の22億7300万ユーロに対して、7.8%の減益となった。

減益となった主な要因は、販売台数の減少や原材料価格の高騰、サプライチェーンのボトルネックなどによるもの。

ダイムラー取締役会のディーター・ツェッチェ会長は、「2019年の目標を達成するために、努力していく。2019年に入り、戦略のさらなる要素を実行し、いくつかの重要なプロジェクトを開始した」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイムラーの自動運転トラックの開発車両
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • ダイムラーのツェッチェCEO、退職後の愛車はBMWの電動スポーツカー?[動画]
  • ダイムラーの組織再編が株主総会で承認
  • フェラーリ初のSUVとなる「プロサングエ」予想CG
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/26/321835.html/article/2019/04/26/321834.html/article/2019/04/26/321836.html