宅配便の再配達削減に向けモニター調査へ LIXIL

IoT宅配ボックス設置イメージ
IoT宅配ボックス設置イメージ全 2 枚写真をすべて見る

LIXILは4月23日、東京都江東区・江戸川区で進めている、宅配ボックスによって再配達を削減する「CO2削減×ストレスフリー」実証プロジェクトの、モニター調査を5月1日から開始すると発表した。

プロジェクトでは、外出先からでも配達確認や応答ができるIoT宅配ボックス「スマート宅配ポストTB」を、東京都江東区・江戸川区の戸建住宅を対象とした約100世帯に無償で設置し、再配達削減によるCO2削減効果やユーザーのストレスの変化などを検証する。佐川急便、日本郵便が協力する。

LIXILは、再配達削減によるCO2削減効果やユーザーのストレスの変化などを検証し、プロジェクトの中間結果を2019年夏頃、最終結果を2020年春頃にまとめる予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 奥入瀬渓流
  • 手荷物一時預かりの様子
  • 貨客混載に使用される車両の例
  • 宗谷本線の貨客混載輸送。往路の稚内から幌延までは荷物を輸送し、復路の幌延から稚内までは配送後に空となった専用ボックスの回送に利用する。
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/04/30/321900.html/article/2019/04/29/321899.html/article/2019/04/30/321901.html