共同物流の促進に向けて民間事業者からヒアリング…国交省の研究会

イメージ (AC)
イメージ (AC)全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は、5月8日に「共同物流等の促進に向けた研究会」を開催し、共同物流を促進する上での課題や、今後官民が進めるべき施策の方向性について民間事業者からヒアリングする。

国土交通省は、物流を効率化する共同物流の促進に向けて、優良事例や現状の課題を研究し、今後、官民が進めるべき施策の方向性を検討するため、有識者による研究会を開催している。

今回、第4回となる研究会を開催し、共同物流の事例について、ブルボン、日本マクドナルドからヒアリングする。また、施策の方向性について検討する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
  • 日産自動車追浜工場
  • 国土交通省
  • イメージ (AC)
  • ポルシェ 718ケイマンGT4 新型スクープ写真
  • BMW M2 CS プロトタイプ(スクープ写真)
  • アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アウディの新型クーペSUV「Q4」スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/07/322023.html/article/2019/05/07/322022.html/article/2019/05/07/322024.html