川崎重工、マレーシア攻略を本格化へ…合弁会社への出資比率引き上げ

川崎重工、マレーシア攻略を本格化へ…合弁会社への出資比率引き上げ
川崎重工、マレーシア攻略を本格化へ…合弁会社への出資比率引き上げ全 1 枚写真をすべて見る

川崎重工業は4月26日、マレーシアのDRB-ハイコムとの二輪車製造・販売合弁会社のMotosikal Dan Enjin Nasional(MODENAS)の株式を追加取得すると発表した。

MODENASの普通株式1430万株を、DRB-ハイコムから約4030万リンギット(約11億円)で取得することで合意した。川崎重工のMODENASへの出資比率は19%から30%へ引き上げられる。川崎重工は今後、MODENASへの経営に関与して成長をサポートするとともに、マレーシア市場での川崎重工の二輪車事業の拡大を図る。

MODENASは1955年にマレーシアの地場ブランドの二輪車を開発・製造・販売するために設立された合弁会社。川崎重工は設立当初に資本参加して、二輪車の技術支援を行ってきた。

川崎重工では、マレーシア市場について人口増加や経済成長に伴って国民所得が増加し、中・長期的には二輪車市場の拡大が見込まれると判断、戦略を強化する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブレイズスマートEV
  • LOOP POWER SHOT(ループパワーショット)80ml缶
  • 伝家の宝刀「スズキ カタナ」と、二刀流「ヤマハ ナイケン」を比較
  • Vストローム250/ABS
  • ヤマハSR400
  • 個人宅から北海道へのバイク輸送サービスをおこなうゼロ・プラスBHS
  • スズキ 隼(ハヤブサ)
  • スズキ カタナ 新型

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/07/322039.html/article/2019/05/07/322038.html/article/2019/05/07/322040.html