JR東日本は一層の緊張感を持って対応を…4月28日の上越新幹線輸送障害で国交相が警告

上越新幹線のE4系(右)とE2系(左)。
上越新幹線のE4系(右)とE2系(左)。全 1 枚写真をすべて見る

石井啓一国土交通大臣は5月7日に行なった会見で、上越新幹線の輸送障害に伴ないJR東日本に対して行なった警告の内容を明らかにした。

この輸送障害は、10連休となったゴールデンウィーク2日目の4月28日7時21分頃、上越新幹線上毛高原~浦佐間で停電が発生し、上下線で最大4時間ストップ。約4万8000人に影響を与えたもの。原因は新湯沢変電所にある制御装置の故障とされている。

JR東日本は2018年末以降、繁忙期にしばしば輸送障害を起こしていたことから、石井大臣は「誠に遺憾であります」として、「4月29日にJR東日本に対しまして、今回の輸送障害の原因分析や再発防止対策の検討に加えまして、影響の大きい輸送障害が続いていることを検証の上、今後の異常時対応や体制等の改善点を検討するよう指示いたしました」と述べた。

これを受けたJR東日本からは、5月4日時点で新幹線専門の電力総合技術者の育成、繁忙期における監視体制などの強化、輸送影響を考慮した検査項目の追加、変電設備故障時などに備えた復旧対応マニュアルの拡充、教育訓練の充実に取り組むことが報告されたという。

石井大臣は、JR東日本に対して大量輸送機関として一層の緊張感をもって対応してもらいたい旨を示したほか、全国の鉄道事業者に対してもJR東日本の取組みを広め「同様の事象の再発防止を図ることによりまして、引き続き、鉄道の安全・安定輸送の確保に努めてまいりたいと考えております」と述べた。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 金色をベースに市松柄とグラデーションを交えた「和モダン」とした、開業90周年記念車両の車体イメージ。
  • 6月14日から16日にかけて相次いで「道の駅あびらD51ステーション」に搬入され、載線した国鉄色のキハ183 214(左)とD51 320(右)。D51 320は背後にある「追分機関庫」と称した車庫に入る。
  • 伊豆急行100系クモハ103号
  • 復旧工事が進捗しているという流出した第1三篠川橋梁。写真は流出当時のもの。
  • 東武鬼怒川線新高徳駅から急カーブ・急勾配を下っていく東武の100系「スペーシア」。
  • 釧網本線を走る普通列車。
  • 現在は、特急以外のすべての列車が停車する北広島駅。快速『エアポート』(右)はこの駅で普通列車(左)と連絡する。写真は北広島駅の下り(札幌方面)ホーム。2019年2月28日撮影。
  • 2016年11月に行なわれた銀座線渋谷駅の工事風景。この時は新駅舎を支える橋脚を建設する準備工事のため、両方面の線路を南側へ移設する線路切換工事が実施された。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/08/322084.html/article/2019/05/08/322083.html/article/2019/05/08/322085.html