「道の駅」の新しいあり方を検討、防災機能強化などを検討

道の駅とみうら
道の駅とみうら全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省は5月8日、「新『道の駅』のあり方検討会」を5月10日に開催し、「道の駅」の新たなステージに向けた論点整理などについて議論すると発表した。

「道の駅」は1995年の制度創設以来、四半世紀が経ち、現在全国で1154カ所が設置されている。国土交通省では、地方創生を加速させるため、「道の駅」の新たなステージに向けた提言や、そのための新しい施策の具体化に向けた審議するため「新『道の駅』のあり方検討会」を2019年1月に設置した。

今回4回目の検討会を開催して「道の駅」の新たなステージに向けた中間整理を行う。また、「道の駅」の防災機能の強化や、「道の駅」の駐車場に関する調査結果について議論する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
  • 日産自動車追浜工場
  • 国土交通省
  • イメージ (AC)
  • BMW M2 CS プロトタイプ(スクープ写真)
  • アストンマーティン DBX 予想レンダリングCG
  • アウディの新型クーペSUV「Q4」スクープ写真
  • BMW 8シリーズグランクーペ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/09/322106.html/article/2019/05/09/322105.html/article/2019/05/09/322107.html