ホンダの新型EV、車名は『ホンダe』に…欧州で2万2000人以上が購入に関心

ホンダ eプロトタイプ
ホンダ eプロトタイプ全 4 枚写真をすべて見る

ホンダの欧州部門は5月8日、近い将来に市販予定の新型EVの車名を、『ホンダe』(Honda e)に決定した、と発表した。

ホンダは2019年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2019において、ホンダ『eプロトタイプ』を初公開した。2019年後半から生産を開始する予定のホンダeは、同車の市販バージョンとなる。

eプロトタイプには、EV専用プラットフォームを採用。小型ボディながらロングホイールベースと短いオーバーハングを実現し、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を追求する。さらに、力強いモーターと後輪駆動による走りの楽しさを実現しながら、航続は200km以上を達成。30分でバッテリー容量の80%まで充電が可能な急速充電にも対応する。

なおホンダは、ホンダeには欧州全域で、2万2000人以上の顧客が購入に関心を示している、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CBR1000RR-Rファイアブレード(グランプリレッド)
  • ホンダe(上)と初代シビック(下)のフロントマスク
  • みなみ寄居駅のイメージなどがデザインされた開業記念乗車券。
  • トヨタ・ヤリス・ハイブリッド 新型(欧州仕様)
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV