アウディ A4、デビュー25周年…生産台数750万台を突破

アウディ A4 がデビュー25周年
アウディ A4 がデビュー25周年全 6 枚写真をすべて見る

アウディは5月7日、『A4』(Audi A4)がデビュー25周年を迎え、累計生産台数が750万台を突破した、と発表した。

アウディA4 は、アウディ『80』の後継モデルとして、1994年にドイツ・インゴルシュタット工場で生産を開始した。2007年からは、ドイツ・ネッカーズルム工場でも生産されている。

現行A4は、5世代目モデルだ。2018年には全世界で34万4586台を販売しており、アウディの世界最量販車になった。

現行A4シリーズには、4ドアセダンとワゴンの「アバント」をラインナップする。アウディによると、中国、ドイツ、米国でとくに人気が高いという。中国では、ロングホイールベース仕様の『A4Lセダン』が販売の主力となっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ コンチェルトの兄弟車も…あの頃の輸入ステーションワゴン・その2【懐かしのカーカタログ】
  • アウディ A4 セダン 改良新型
  • アウディ A4オールロードクワトロ(2012年)
  • アウディ TT RSクーペ のアニバーサリーパッケージ 25 イヤーズオブ RS
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ