三菱ふそうの小型トラック キャンター、2019年モデル発表 全車平成28年度排出ガス規制適合

三菱ふそう キャンター 2019年モデル
三菱ふそう キャンター 2019年モデル全 1 枚写真をすべて見る

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は5月13日、小型トラック『キャンター』2019年モデルを発表。GVW(車両総重量)7.5t以下は5月より、GVW7.5t超は7月より販売を開始する。

キャンター2019年モデルは、GVW7.5t以下全車でも平成28年度排出ガス規制に適合し、加えてGVW7.5t超クラスでJ-OBD II(車載式故障診断装置)規格に対応した。

また、2018年モデルでGVW7.5t以下車両に搭載済みの「衝突被害軽減ブレーキ」、「車両安定性制御装置」と「車両逸脱警報装置」を含む先進安全技術をGVW7.5t超クラスにも拡大。さらにブレーキパッド内のセンサーを介して、ブレーキパッドの磨耗をドライバーに警告する、電気式のブレーキ磨耗インジケーターを全車に導入した。

このほか、Bluetoothオーディオシステムや、エンジン始動時にECOモードがオンになる改善などで、快適性と燃費性能を向上させた。

価格は車型2RG- FEB50、4P10(T4)エンジン(150PS)、6速デュオニック2.0、アイドリングストップ&スタート付き、平ボデーが505万8720円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 災害救助用特殊車両:三菱ふそうATHENA
  • 三菱ふそう eキャンター・センサーコレクト
  • キューバのCUPETに納入した小型トラック「キャンター」
  • 三菱ふそう eキャンター
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ