ルノーの純利益見通し、日産が5600万ユーロ寄与 2019年第1四半期決算

ルノーグループ本社
ルノーグループ本社全 2 枚写真をすべて見る

ルノーグループ(Renault Group)は5月14日、2019年第1四半期(1~3月)の純利益に関して、日産自動車が寄与する部分が5600万ユーロ(約69億円)になるとの見通しを公表した。

これは、日産自動車が5月14日に発表した2019年3月期の連結決算の結果を受けたもの。日産の発表によると、2019年3月期の連結決算は、売上高が前年比3.2%減の11兆5742億円。営業利益は44.6%減の3182億円。経常利益は27.2%減の5465億円。純利益は57.3%減の3191億円だった。

一方、ルノーグループが発表した2019年第1四半期(1~3月)の決算は、グループ全体の売上高が125億2700万ユーロ(約1兆5387億円)。前年同期の131億5500万ユーロに対して、4.8%減となった。

このうち、本業の自動車部門の売上高は、109億1600万ユーロ(約1兆3408億円)。前年同期の116億4600万ユーロに対して、6.3%のマイナスだった。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ルノー・アルカナ
  • 日産自動車グローバル本社
  • トゥインゴ GT ノワール
  • 新型ルノー・メガーヌ R.S.トロフィーR
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/15/322328.html/article/2019/05/15/322327.html/article/2019/05/15/322329.html