あえての「角型」で大容量確保、オートバックスがオリジナルルーフボックス発売 

GORDON MILLER ルーフコンテナボックス
GORDON MILLER ルーフコンテナボックス全 4 枚写真をすべて見る

オートバックスセブンは、ガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」の新製品として、オリジナル「ルーフコンテナボックス」を5月15日より公式サイト、6月中旬よりオートバックスグループ店舗にて、順次販売を開始する。

一般的なルーフボックスの多くは、流線形でスポーティなデザインとなっているが、ルーフコンテナボックスは、その名の通りコンテナを思わせる直線的で角ばったシェイプが特徴。角ばったクラシックなボディの車種とも相性が良く、また流線形ボディの多い近年のクルマにも、装備することでクラシカルでヘビーデューティーな雰囲気を演出できる。

製品サイズは、外寸が全長2000×全幅830×高さ315mm、内寸が1830×700×240mm。高さを抑えつつも320リットルの大容量を実現している。直線的な構造により荷物は積み込みやすく、無駄なスペースも削減。テントやシュラフなどのかさばるアウトドアギアも積み込めるほか、ウィンタースポーツギアでもスキーなら6~8セット、スノーボードなら4~5セットが難なく収まる。

ルーフコンテナボックスは大型ミニバンからコンパクトカーまで、あらゆる車種にフィットするサイズで、市販メーカー各社のベースバーのほか、純正ベースキャリア・クロスバーにも幅広く装着可能。ベースキャリアへの装着は工具不要。オリジナルのキーカバーも付属する。

カラーはアウトドアギアで人気のコヨーテを採用。価格(税別)は5万3000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 見守りAIロボット「ZUKKU」
  • SUPER GT×DTM 特別交流戦
  • セイワ PIXYDA(PNM86F)
  • オートバックスGUYS 2019に選出された5名
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/16/322354.html/article/2019/05/16/322353.html/article/2019/05/16/322355.html