シェフラージャパン、CO2削減や電動化技術をアピール…人とくるまのテクノロジー2019

シェフラージャパンの展示イメージ
シェフラージャパンの展示イメージ全 2 枚写真をすべて見る

シェフラージャパンは、5月22日から24日までパシフィコ横浜で開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019横浜」で、CO2削減や小型・軽量化、電動化などの技術を紹介すると発表した。

今回、エンジン部品として可変動弁系部品、ベルト&チェーンドライブシステムとしてサーマルマネジメントモジュールを展示する。

また、トランスミッション関連部品ではE-クラッチや、CVTチェーン、ダンパーシステム、パーキングロック用アクチュエーター、シャシー部品として電動車高調整アクチュエーター、ステアリングシステムを紹介する。eモビリティ技術として電動アクスル、ハイブリッドモジュールを展示する。

5月24日にはワークショップを開催し、トランスミッションの自動化に向けたシェフラーの最新アクチュエーター技術・製品について紹介する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シェフラー(人とクルマのテクノロジー2019)
  • シェフラーが開発したEV向けの新たなステアリングギア
  • シェフラーが新開発したPHV向けトランスミッション
  • プラネタリーギアを搭載した電動アクスル
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/16/322371.html/article/2019/05/16/322370.html/article/2019/05/16/322372.html