ケーヒン、新型バッテリーマネジメントシステム初公開へ…人とくるまのテクノロジー2019

ケーヒンブースのイメージ
ケーヒンブースのイメージ全 1 枚写真をすべて見る

ケーヒンは、5月22~24日にパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」に出展、航続距離の拡大に貢献する新型バッテリーマネジメントシステム(分散型)とインド向け新型二輪車用電子燃料噴射(FI)システムを初公開する。

新型バッテリーマネジメントシステムは、セル数が多い電気自動車に対応するため、従来の統合化したバッテリーマネジメントユニットとセル電圧センサーを別体化。さらに高電圧回路を集積したことでセル電圧センサーを薄型化し、バッテリーパック内へのレイアウトを実現した。

インド向け二輪車用FIシステムは、世界最大の二輪車市場であるインドにて、2020年に強化される環境規制基準にあわせて開発した新製品。排出ガスのクリーン化と燃費向上に貢献するFIシステム4製品(電子制御ユニット、スロットルボディ、インジェクター、燃料ポンプモジュール)を初出展する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ケイヒン(オートモーティブワールド2020)
  • ケーヒンブースのイメージ
  • 日立とホンダの部品会社統合についての会見の様子
  • 日立と1年後に新会社、「名を捨てて実をとる?」ホンダ系部品3社[新聞ウォッチ]
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE
  • ADV.1 ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムキット
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ