ボッシュが電動車向け新充電システム、ブロックチェーン技術を導入

ボッシュの「コネクテッドワールド2019」
ボッシュの「コネクテッドワールド2019」全 3 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は5月15日、ドイツ・ベルリンで開催した「コネクテッドワールド2019」において、ブロックチェーン技術を導入した電動車向けの新充電システムを発表した。

ブロックチェーンは、データをオンラインでセキュアに共有するための技術だ。第三者に情報が洩れることなく、オンラインで当事者同士が取り決め、契約を交わし、支払いを安全に実行できる。

データの匿名化は技術的に保証される。ブロックチェーンの基本は一種の分散化データベースで、入力された情報を数千台のコンピューターに伝送する。これにより、データの改ざんが不可能になるだけでなく、ユーザーが特定の1か所のコンピューティングセンターに依存する度合いが軽減される。

ボッシュは、このブロックチェーン技術を導入した電動車向け充電システムを発表した。この充電システムは、エネルギーサプライヤーのEnBW社と共同開発したもの。ブロックチェーン技術を利用して、充電ステーションの選択や予約、充電料金の支払いを安全に行うことができる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CDR+ADASビジネス エコシステム
  • 第5世代レーダーとして登場(左)。視野角を大幅に向上させた
  • ボッシュ(人とくるまのテクノロジー2019)
  • オートサービスショーのボッシュブースでは、モータージャーナリストの岩貞るみこさんを招いてトークセッションが開催された。
  • ルノー 新型クロスオーバーSUV 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/17/322427.html/article/2019/05/17/322426.html/article/2019/05/17/322428.html