福祉車両の販売台数、4年ぶりにプラス…軽自動車好調 2018年度

ダイハツ・タント・スローパー
ダイハツ・タント・スローパー全 3 枚写真をすべて見る

日本自動車工業会は5月17日、2018年度(2018年4月~2019年3月)の福祉車両販売台数を発表した。

それによると総販売台数は前年度比0.5%増の4万3712台と、4年ぶりに前年度を上回った。

車種別では、普通・小型自動車が同4.2%減の2万2075台と2年連続マイナスだったが、軽自動車が同15.0%増の1万6615台と高い伸び率だった。バスは同16.4%減の5022台と落ち込んだ。

普通・小型自動車の内訳は車いす移動車が1万3519台、昇降シート車が5991台、回転シート車が1783台、運転補助装置付車が129台、送迎車が653台だった。

軽自動車の内訳は車いす移動車が1万3933台、昇降シート車が2455台、回転シート車が227台だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 隊列走行(イメージ)
  • 日産の英国サンダーランド工場
  • 自工会の矢野義博理事
  • ダンス動画(イメージ)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ