福祉車両の販売台数、4年ぶりにプラス…軽自動車好調 2018年度

ダイハツ・タント・スローパー
ダイハツ・タント・スローパー全 3 枚写真をすべて見る

日本自動車工業会は5月17日、2018年度(2018年4月~2019年3月)の福祉車両販売台数を発表した。

それによると総販売台数は前年度比0.5%増の4万3712台と、4年ぶりに前年度を上回った。

車種別では、普通・小型自動車が同4.2%減の2万2075台と2年連続マイナスだったが、軽自動車が同15.0%増の1万6615台と高い伸び率だった。バスは同16.4%減の5022台と落ち込んだ。

普通・小型自動車の内訳は車いす移動車が1万3519台、昇降シート車が5991台、回転シート車が1783台、運転補助装置付車が129台、送迎車が653台だった。

軽自動車の内訳は車いす移動車が1万3933台、昇降シート車が2455台、回転シート車が227台だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 出席者によるフォトセッション
  • 第46回東京モーターショー2019
  • OPEN ROADエリアには展示車両も用意される予定。
  • 参院選の結果について述べる安倍首相(7月21日)
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/20/322490.html/article/2019/05/20/322489.html/article/2019/05/20/322491.html