オーテックモデル第4弾、日産 リーフ 発売へ ブルーに輝くシグネチャーLED採用

リーフ・オーテック
リーフ・オーテック全 4 枚写真をすべて見る

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、電気自動車『リーフ』をベースとしたカスタムカー『リーフ オーテック』を新たに設定し、6月21日より発売する。

オーテックは、同社伝統のクラフトマンシップを継承しつつ、スポーティでありながら高級感漂うスタイリングや、素材などの細部にもこだわりを持つユーザーに向けた、プレミアムスポーティをコンセプトにしたカスタムカーブランド。今回発売するリーフ オーテックは、『セレナ』『ノート』『エクストレイル』に続くオーテックブランドの第4弾となる。

エクステリアは、メタル調フィニッシュの専用パーツを採用し、上質さと先進性を表現した。また、フロントバンパーには、ブランドのアイコニックカラーであるブルーに輝くシグネチャーLEDを採用するとともに、周囲にはオーテックブランド車共通の表現であるドットパターンのフィニッシャーを施し、昼夜問わず一目で「オーテック」とわかる、個性豊かなスタイルに仕上げた。

インテリアは、上質な肌触りと美しい光沢感を実現したクリスタルスエードと柔らかなレザレットをシート地に採用。インストパネルには、鮮やかな木目が特徴的な高級材、紫檀(シタン)の柄を施し、さらに本木を思わせる手触りまでも表現した。インテリアカラーはダークグレーをベースとし、さりげなくブルーに光るパールをあしらった。これら上質な素材とこだわりのディティール表現により、個性的かつエレガントな空間を演出した。

ボディカラーはオーロラフレアブルーパール、スーパーブラック、ラディアントレッド、ブリリアントホワイトパール、ブリリアントホワイトパール/スーパーブラック、サンライトイエロー/スーパーブラックの6色を設定。価格は大容量バッテリー搭載のリーフ e+ オーテックが443万2320円、リーフ オーテックが393万1200円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 所沢市と日産自動車、電気自動車を柱とする連携協定を締結
  • 日産と小田原市、SDGs達成に向けEVを活用した連携協定を締結
  • 日産と豊橋市、EVを活用した「災害連携協定」を締結
  • 日産自動車と岩手県陸前高田市、岩手日産自動車、盛岡日産モーター、日産プリンス岩手販売、日産チェリー岩手販売および東北が「電気自動車(EV)を活用した持続可能なまちづくりに関する連携協定」を締結
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ