スクープ リペア・メンテナンス

男鹿線でSL列車を運行へ 10月12・13日に男鹿-秋田間で

JR東日本秋田支社は5月23日、男鹿線・奥羽本線男鹿~秋田間で10月にSL列車を運行すると発表した。秋田県内でSL列車が運行されるのは、2018年10月の秋田~湯沢間『SLこまち号』以来となる。

これは、ユネスコの無形文化遺産に登録された「ナマハゲ」で名高い男鹿エリアで、伝統芸能の祭典「新・秋田の行事in男鹿2019」が開催されることに合わせたもの。運行は10月12・13日が予定されており、時刻などの詳細は後日発表される。

国鉄時代の男鹿線は、蒸気機関車に小型のC11形が運用されていたが、現在のJR東日本には、C57・58・61形やD51形といった中大型機のみが在籍するため、小型機を使用する場合は真岡鐵道からC11形325号機(C11 325)を借り入れていた。しかし、同機は入札で東武鉄道へ売却されることになっていることから、この運行を絡めた動向が注目される。

富山県富山市の富山駅北停留場と岩瀬浜駅を結ぶ富山港線を運営する富山ライトレールは…

《text:佐藤正樹(キハユニ工房)》

写真ピックアップ