男鹿線でSL列車を運行へ 10月12・13日に男鹿-秋田間で

2012年に秋田県内で運行されたSL列車。
2012年に秋田県内で運行されたSL列車。全 2 枚写真をすべて見る

JR東日本秋田支社は5月23日、男鹿線・奥羽本線男鹿~秋田間で10月にSL列車を運行すると発表した。秋田県内でSL列車が運行されるのは、2018年10月の秋田~湯沢間『SLこまち号』以来となる。

これは、ユネスコの無形文化遺産に登録された「ナマハゲ」で名高い男鹿エリアで、伝統芸能の祭典「新・秋田の行事in男鹿2019」が開催されることに合わせたもの。運行は10月12・13日が予定されており、時刻などの詳細は後日発表される。

国鉄時代の男鹿線は、蒸気機関車に小型のC11形が運用されていたが、現在のJR東日本には、C57・58・61形やD51形といった中大型機のみが在籍するため、小型機を使用する場合は真岡鐵道からC11形325号機(C11 325)を借り入れていた。しかし、同機は入札で東武鉄道へ売却されることになっていることから、この運行を絡めた動向が注目される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。

ピックアップ