トヨタ、後付け「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種を順次拡大へ

超音波センサー(前)
超音波センサー(前)全 3 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は、昨年12月に発売した後付けの「踏み間違い加速抑制システム」の対象車種をこれまでの5車種から、2019年内に順次12車種まで拡大すると発表した。

踏み間違い加速抑制システムは、車両前後に取り付けた超音波センサーにより、前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起を行う。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には加速を抑制し、衝突被害の軽減に貢献。また、後退時は障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制する。

これまでは、『プリウス(2009/5~2015/12)』『アクア(2011/12~2018/4)』『プリウスα(2011/5~)』『プレミオ(2007/6~2016/6)』『アリオン(2007/6~2016/6)』の5車種、約281万台が対象だったが、6月3日に『ポルテ(2012/7~)』『スペイド(2012/7~)』『ウィッシュ(2009/4~)』の3車種に設定を拡大、さらに10月には『カローラアクシオ(2012/5~2017/10)』『カローラフィールダー(2012/5~2017/10)』『パッソ(2010/2~2016/4』、12月には『ヴィッツ(2010/12~2018/5)』にも設定を拡大する予定。対象台数は合計約458万台となる。

なお、6月3日に発売するポルテ、スペイド、ウィッシュ用の価格(取付費別)は5万5080円。

トヨタは新型車に、歩行者事故や追突事故などの被害軽減に効果が見込める「トヨタセーフティセンス(TSS)」と、駐車場などの低速時での衝突被害軽減に効果が見込める「インテリジェントクリアランスソナー(ICS:パーキングサポートブレーキ<静止物>)」などを設定展開している。ユーザーが現在保有しているクルマにも、「後付けの踏み間違い加速抑制システム」の展開を順次進め、クルマの安全・安心をサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・エティオス(セダン)
  • トヨタ・ヴォクシー
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • LINEカーナビ
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/05/29/322899.html/article/2019/05/29/322898.html/article/2019/05/29/322900.html