トヨタ、ミャンマーに初の車両生産会社設立へ 2021年よりハイラックスを現地生産

トヨタ ハイラックス
トヨタ ハイラックス全 1 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は5月30日、トヨタとしてミャンマーで初めてとなる車両生産会社「Toyota Myanmar Co., Ltd.(TMY)」を設立し、2021年2月よりハイラックスを現地生産すると発表した。

ミャンマーは経済発展に伴い、2018年の新車需要は前年比2.1倍増の約1万8000台と、大幅な伸びを示している。トヨタは現在、ミャンマーにて『ハイラックス』や『ヴィオス』、『ラッシュ』などを輸入して販売しているが、今後も着実に拡大する市場を見据え、今年6月にTMYを設立。現地生産を進めていく。

新会社TMYにはトヨタのほか、ミャンマーで様々な事業を展開する豊田通商も15%を出資。新工場は、最大都市ヤンゴンの南部近郊に位置するティラワ経済特区に建設を予定しており、投資額は約5260万米ドル(約57億円)を見込む。新規雇用は約130人を予定しており、2021年の稼働当初はSKD(セミノックダウン方式)でハイラックスを年間約2500台生産する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV