【MotoGP 日本GP】前夜祭、マルケスやロッシらワークスライダー6名参加決定

前夜祭ステージ ロッシ選手
前夜祭ステージ ロッシ選手全 7 枚写真をすべて見る

ツインリンクもてぎは、10月18日から20日に開催する「2019 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第16戦 MOTUL 日本グランプリ」にて、サイン会、前夜祭などライダーとファンが触れ合えるイベント、そして国内最大級1000台が参加するバイクパレードを開催する。

サイン会は10月18日(金)16時20分から開催予定で、MotoGPクラス全ライダーの参加が決定。抽選で当選した人が参加できる。

18日(金)・19日(土)16時から19時開催予定の前夜祭には、7度の世界王者を獲得しているマルク・マルケス(ホンダ)、生きるレジェンド バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)、今シーズン初優勝をあげたアレックス・リンス(スズキ)ら、国内3メーカーのワークスライダー6名の参加が決定。予選を終えたばかりのライダー達によるトークショーや、ゲストによる決勝レースの見所予想ステージなど、ファン必見のイベントとなる。

また、地元行政や団体と共催する「グランプリロードR123パレード」も申込をすでにスタート。昨年のパレードにはMotoGPに参戦する国内3メーカーの社長3名が揃って参加するなどその規模は年々拡大している。

MotoGP日本グランプリのチケットは、6月1日より発売開始。価格(3日間通し)は自由観戦エリア(3日分モビパークパスポート付)が大人9300円、中学生3800円、小学生3200円、3歳~未就学児1700円など。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)
  • トライアンフ茅ヶ崎
  • 旋回中も足回りが踏ん張るので、きちんと向きを変えていける
  • HUDとリヤカメラを内臓したスマートヘルメット「クロスヘルメット X1」を青木タカオ氏が試した
  • 世界限定500台のドゥカティ『スーパーレッジェーラV4』
  • KTM 890DUKE R
  • ヤマハ XMAX
  • ミツバサンコーワEDR-21G/L

ピックアップ