新しい燃費基準、2030年度に25.4km/リットル---PHVとEVも対象に

PHEVの例:三菱 アウトランダーPHEV
PHEVの例:三菱 アウトランダーPHEV全 2 枚写真をすべて見る

経済産業省と国土交通省の議会は6月3日、乗用車の燃費基準に関する審議会が開催され、2030年度に2016年度実績と比較して32.4%燃費改善する新たな基準値が提示された。

新たな燃費基準の目標年度は2030年度で、基準値が25.4km/リットルと、2016年度実績比で32.4%の燃費改善となる。

対象はガソリン自動車、ディーゼル自動車、LPG自動車に加え新たに電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)を加える。EVとPHVの燃費値とガソリン自動車の燃費値を比較可能とするため、電力やガソリンが車両に供給されるよりも上流側の効率も考慮した「Well-to-Wheel」で評価して、企業平均燃費を算定する。

今後、1週間程度を目途に取りまとめられる審議会の報告書を踏まえ、経済産業省と国土交通省は2019年度中に必要な法令改正を行う。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • (イメージ)
  • コンビニ大手3社の店舗への共同配送のイメージ
  • eスポーツの例
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ