スズキ バレーノ 、60万台をインドで販売…44か月で到達は最速

スズキ・バレーノ 改良新型
スズキ・バレーノ 改良新型全 6 枚写真をすべて見る

スズキのインド部門、マルチスズキは6月3日、『バレーノ』(Suzuki Baleno)のインド国内累計販売が60万台に到達した、と発表した。

バレーノは2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアされた。インドをはじめ、欧州や日本などで販売されているグローバルコンパクトカーだ。

マルチスズキは2015年10月、バレーノをインドで発売した。新たに立ち上げられた高級販売店、「NEXA」が取り扱う。インドでは、プレミアムハッチバック車に位置付けられる。

2019年1月には、改良新型を発表した。新世代の「スマートハイブリッド」を搭載する。新世代のスマートハイブリッドは、エンジンが「デュアルジェット」と呼ばれる新型1.2リットルエンジン。これに、リチウムイオンバッテリーを組み合わせる。燃費性能は23.87km/リットルで、クラス最高という。

今回、このバレーノが、インド国内累計販売60万台を達成した。バレーノは、インドA2+セグメントにおいて、27%以上の市場シェアを獲得している。インド発売から44か月で販売台数が60万台に到達したのは、最速という。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・グランザ
  • トヨタ・グランザ のティザーイメージ
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • スズキ・バレーノ 改良新型
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/04/323094.html/article/2019/06/04/323093.html/article/2019/06/04/323095.html