【マン島TT】日本から参戦の山中正之選手、ライトウエイトクラスも予選通過

ライトウエイトクラス予選に出走する山中正之選手(マン島TTレース2019)
ライトウエイトクラス予選に出走する山中正之選手(マン島TTレース2019)全 5 枚写真をすべて見る

天候にスケジュールが翻弄(ほんろう)され続けている今年のTTレース。現地6月3日にようやく決勝レースの1日目が実施され、ライトウエイトクラスのプラクティス(練習走行を兼ねた予選)も行われた。

ライトウエイトクラスは650cc2気筒のマシンで競われる入門的位置づけのクラスで、ほとんどのチームがカワサキの『ベルシス』を使用している。日本から参戦した山中選手も今年初めてライトウエイトクラスに参戦し、2周を走行。37台中28位で予選を通過した。

サイドカーのパッセンジャーとのダブルエントリーをしている女性ライダー、マリア・コステロ選手は32位で予選を通過した。

山中選手のコメント
「マン島で初めてこのマシンを乗ったのですが、600のスーパースポーツに比べて軽いので乗りやすく、好感触でした。なかなか走れなくてストレスでしたが、ようやく走れたので気持ちが楽になりました」

【ライトウエイト予選結果】
順位/選手名/マシン/平均時速/ラップタイム
1位:ジェイミー・コワード カワサキ 119.43マイル(191.09km)18分57秒297
2位:マイケル・ダンロップ パトン 118.84マイル(190.14km)19分02秒931
3位:ギャリー・ジョンソン カワサキ 118.68マイル(189.89km)19分04秒510
28位:山中正之 カワサキ 109.23マイル(174.77km)20分43秒516

《小林ゆき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モト・グッツィ V7 IIIストーン ナイトパック
  • みんなのツーリングマップル
  • スズキ アドレス110(マットステラブルーメタリック)
  • スズキ Vストローム250 ABS(パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー)
  • ボンネビル・スピードウィークにチャレンジするオリジナルマシン
  • ヤマハ YZF-R1M 2018 1/12スケールモデル
  • 八戸ノ里ドライビングスクール
  • ハーレーダビッドソン ライブワイヤー(LliveWire)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/06/323150.html/article/2019/06/05/323149.html/article/2019/06/06/323151.html