BMW i8、次世代モデルは600馬力のフルEVに?

BMW i8 ロードスター(参考画像)
BMW i8 ロードスター(参考画像)全 4 枚

BMWのPHEVスポーツクーペ/ロードスター『i8』の次世代型が開発されている可能性があることが、英Autocar誌の調べでわかった。

i8に関しては、数年前から次期型は開発されないと噂されていた。新型が登場するというだけで大きなニュースだ。現行モデルは、1.5リットル直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載、出力231ps、トルク320Nmを発揮。これに、出力143ps、トルク250Nmを発揮する電気モーターを組み合わせ、システム合計の最高出力は374psを発揮する。

しかし、次世代型ではフルEVとして登場する可能性があるという。詳細は不明だが、リチウムイオン電池の課題を克服する新世代バッテリー「ソリッド・ステート・リチウムイオンバッテリー(全固体電池)」を搭載し、『NEXT』とプラットフォームを共有。全輪駆動システムとなり、最高出力は600psと予想されている。

但し、フルEVが確定したわけではなく、PHEVとしして登場する可能性も残っているようで、最終判斷は年内には下されるという。またこの次期型が登場すれば、それをベースに、同ブランド悲願のスーパーカーが高性能「M」社と共同開発される可能性も高まるはずだ。

BMW i8 ロードスター(参考画像)BMW i8 ロードスター(参考画像)

全固体電池の完成は最速で2023年と言われており、i8次世代型の登場はそれに合わせて2023年から2024年に期待できるという。

BMW i8次世代型、600馬力のフルEVでテスラに対抗の噂!

《Spyder7 編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ Eクラス 次期型、プロダクションモデルを初スクープ
  2. 米トヨタ、『GRカローラ』準備か…公式インスタにプロトタイプ
  3. 日本の名車をホットウィールで体感! 実車以上に迫力あるディティールを手のひらで所有する幸せPR
  4. 魅力的な“横顔”を見せてくれる、美しい『RAYS』ホイールに履き替える意味PR
  5. テスラユーザーが殺到している「調音施工」BAM シートの効果とは
  6. 三菱 ふそうエアロエース、左側後写鏡がワンマンバス構造要件に抵触するおそれ…リコール
  7. 日産の次世代クロスオーバーEV『チルアウト』、市販版を英工場で生産へ
  8. レクサス『RZ』、ブランド初のEV専用モデルはクロスオーバー車に
  9. 【スバル WRX S4 新型試乗】500万円以下で買えるのは相当なバーゲンプライスだ…中村孝仁
  10. ホンダ、N-VAN 8万5000台をリコール…CVT不具合で走行不能となるおそれ
ランキングをもっと見る