BASF、14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞

BASFが14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞
BASFが14回目となるGMのサプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞全 1 枚写真をすべて見る

BASFは6月6日、ゼネラルモーターズ(GM)の2018年サプライヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したと発表した。

同賞はGMが定める品質、サービス、イノベーション、価格の基準を満たし、高いパフォーマンスを達成したサプライヤーに贈られるもので、BASFが受賞するのは今回が14回目となる。

BASFはGMに時間とソリューションの削減につながる統合型塗装プロセスと、GMの工場に高度な塗装テクノロジーを提供している。

GMでグローバル購買・サプライチェーン部門担当のスティーブ・キーファーシニアバイスプレジデントは「GMはサプライヤーに対して高いハードルを課しており、その中でサプライヤーは顧客を獲得するのに寄与する、期待をはるかに超えた革新と品質を提供してくれた」とコメントしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BASFコーティングス事業部カラーデザインセンターアジア・パシフィックチーフデザイナーの松原千春さん
  • アジア太平洋 のキーカラー 「Fluid Metal」
  • R-M / BASF(オートサービスショー2019)
  • カラートロニック 12/6 分光光度計
  • ホンダe 2ドアクーペ(予想CG)
  • ランボルギーニ ウラカン ペルフォマンテ カスタムカー
  • ABT アウディ SQ2 チューニングカー
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2019/06/10/323271.html/article/2019/06/10/323270.html/article/2019/06/10/323272.html